杏仁豆腐は夢を見る

たまに長い文章を書きたくなった時に使います。

どこまでも続くように 願いをかけといた

【JAPANのライブレポート、対談、インタビュー読んで、心の整理をしたくなったので書き留めておく】

 

ELLEGARDEN THE BOYS BACK IN TOWN TOUR 2018

2018.8.15 zozoマリンスタジアム

に、参戦しました。

 

一般発売で幸運にもチケットを手に入れることができました。

信じられなかった。もう絶対当たらないと思ってた。

だって、周りの友達もだーれも当たって無かったし。

だけど、あたらねーわ、って話をするのも楽しかった。あー、エルレのツアーってこうだったよなあ、毎回毎回ご用意することができませんでしたってメールが来て落胆してたなあって。もう、普段はライブなんか行かなくなってしまった軽音楽サークルの友達が、こぞってチケットの抽選に参加してるのもなんだか感慨深くて。

エルレのチケットが当たらないことで悩める夏に生きてるのが最高で、泣きそうになってしまった。

 

チケットが当たったことに、実は数日間気付かずにいました。

どうせ当たらないと思ってたから、発表日も気にしてなくて。

あー、そういえば発表日三日前だっけ?みたいな感じでメール開いて、本気で一瞬息が止まりそうになってしまった。

クレカ決済にしててよかったーーーーー!

これで支払期限過ぎてたら死んでも死にきれないところでした。

 

当日は仕事だったけど、時間休取って直行。

暑くて暑くて行くまでに汗だくだったけど、晴れていてよかったな。

沿線の駅にもちらほら、エルレTシャツのひとたちが。

物販並んだんだね……お疲れ様です……

 

駅をおりたら、信じられないくらいの「チケット譲ってください」の人たち。居るだろうとは思っていたけど、こんなにたくさんいるとは思わなかった。声を張り上げてお願いする人、こった看板を作ってきている人。大阪からきました、福岡からきました、という声。私はその時点で泣きそうだった。ていうかちょっと泣いていた。

今回のチケットの同行者募集は、目を覆いたくなるような条件付きのものも多くて(本当にチケットを持っていたのかも妖しいと思っているけれど)

みんなが欲しがる物を偶然手にしてしまうと、まるで自分がえらくなってしまったように感じるものなのだなと、恐ろしかった。

だから余計に、自分にはずっと言い聞かせてた。

これは、愛を試すシステムではないんだと。お前はただ単に少しだけ運がよかっただけなんだと。

だから、駅前で声を張り上げている人たちを、他人とは思えなかった。あれは私でもあった。運が無かった場合の私。エルレを待ってた気持ちはみんないっしょだと思うから。だから悲しくて辛くて泣けた。

 

マリンスタジアムは大きかったなーーーーー。

バンプのライブを見たことはあったけど、アリーナでライブを見るのは初めてだった。まずはワンオクロックから。私はワンオクの曲が全然わからない。特別好きなバンドでもない。だけど、とても広い会場が似合う、実力のあるバンドなんだなと思った。

あと、歌がうまい(語彙力の無さ)

ここでなんとなーく、ワンオクがエルレを引っ張り出したのかな?とうかがわせるような発言があった。ふざけた調子で、みんな俺に感謝してください!って言ってたけど、JAPANを読んだ今となっては、まじでTakaが、ワンオクが、エルレ復活ステージの立役者だったんだなと思える……

細美さんも、それを伝えるためにインタビューうけたみたいに読めた。

もちろん、Takaがエルレを復活させたいと思ったのは、エルレがかっこよくて最高のバンドだったからなんだけども。でも、そこから頑張って、大きなバンドになって、ものごとを動かせるだけの力を手に入れて、それをエルレ復活のために使ってくれたこと……ドラマチックだし、そういうストーリを、実現させてくれたことに感謝しかない。

ありがとう。本当にありがとう。

これからもワンオクロックのみなさんが、健康で自分達の思うまま音楽活動が続けて行けるよう祈ります。

 

エルレのライブは予想通りSupernovaで始まって、予想どおり感極まってしまった。

予想と違ったのは、めちゃくちゃモッシュになるかと思いきやそうでもなかったことくらいで。みんな、歳をとったから?久しぶりだったからかな笑

私も、この暑さの中で、モッシュしたらしぬと思ってたので、ちょっとほっとしてしまった。

感極まりながらも、なんというか、ブランクを感じさせない、いつも通りの、記憶通りのエルレのライブだったと思う。

ライブが楽しくて、好きでたまらなかったあの頃のまんま。

どの曲も身体にしみついていて、前奏が鳴るたび叫んでしまって

普段より、ライブ中ずーっとハイライトみたいで、胸がたまらなく苦しかったけど。

本当に楽しかった。

 

音漏れを聴くために集まったひとたちに呼びかける姿とか、

なんかすごく、私の好きだった細美さんで、好き……って膝から崩れ落ちそうだった。

うぶさんは、さすがのちゃんとした感だったし(感極まってるようには見えたけど)

高橋さんはにこにこにこにこしてるし(途中泣いてたけど)

ゆーいちさんは無茶ブリされたり無の表情だったりした(でもすごい楽しそうだった)

メンバーが、目を見かわしてるのを見て

ああ、今のこの四人は、こういうムードでライブが出来るんだとわかって、うれしいなあって、思った。

誰かの思惑や、やむを得ぬ事情とか、何かどうしようもないきっかけがあって仕方なく一度だけやる、とかじゃなくて、心から、みんな同意して、復活したんだなって伝わってきて、それが一番うれしかったし、ほっとした。

上手く言えないのだけど。

JAPANのインタビューを読むと、今まで二度、復活の話が上がったと書いてあって、やっぱりそのへんはとても、難しい問題だったのだと思った。

他のなにかのためではなく、ファンのためにやりたかった、と言う言葉があまりにも細美武士で、そこを譲らないでいてくれたんだと思ったら、10年待ったことなんて、何でもないと思えた。

 

細美さんは、映像はとってるけど、DVDなんか出さないと言っていた。そこに納まるのは、俺たちの10年の物語であって、お前らの物語ではないだろうと。

いや、我々はエルレの10年が見たいですけど!?

という突っ込みは置いておいて。

細美さんは、自分の思い出でいっぱいになってもおかしくないような特別なステージで、待っていたファンの10年に本気で向かい合ってくれてるんだなって思った。

あの日の約束を果たすために、今日ここに立って歌を歌ってくれてるんだなって。

とんでもない人だよ。

そんなこと、普通できないよ。

 

10年

長かったのか、短かったのか、よくわからない。

エルレが休止を発表した日のショックは今でも良く覚えてる。その頃の私にとってエルレの存在はとてつもなく大きくて、細美さんは世界で一番信頼できる人だった。

だから、休止は本当に悲しくて辛かったけど、細美さんが帰ってくるというなら、帰ってくるのだろうと自然と思っていた。

信じないという、選択肢が無かった。

今思えば、どうかしていると思うけど、そこだけは10年変わらなかった。

どれだけ時間がかかるかはわからないけど、ちゃんとエルレは戻ってくるって思ってた(ほんと言うと、もっとかかるかと思っていた)

だから復活すると聞いた時も、嘘とか信じられないとかじゃなくて、待ってた!と思った。ただただ、待ってた!!!って。

 

アンコール前、ライブ本編が終わった瞬間、ぼろぼろと涙が出た。

細美さんの言葉のはしばしから、思った以上にこの先が白紙で、何も決まっていないことが分かってしまって、ライブ中、次が最後、次が最後かもしれないってだんだん怖くなってしまって、ライブ終わりにそれがこらえきれず溢れた感じだった。

ライブ中に感極まって泣くことはしょっちゅうあるけど、ライブが終わってさびしくて悲しくて泣いたのは初めてだった。

 

エルレの居ない10年は、エルレとの約束を抱いて歩く10年でもあった。

いつか果たされる約束を抱えていくのは、とても幸せなことだったのだと今は思う。

私はそれをこの日、最高のライブと引き換えに失くしてしまった。

私とエルレとの間には、何も無くなってしまったんだと思ったら、辛くて悲しくて寂しくてたまらなかった。

 

でも、JAPANを読んで、少し心の整理がついた。

エルレはずっと、待っているファンのために存在しなくちゃいけなくて、約束を果たしてやっと、メンバーの手に戻ったんだなと思う。誰のためでもなく、自分達のために、バンドについて考えることができる。それはとても健全で、幸福なことだし、本来はそうあるべきなんだと思う。

私は羽生結弦がだいすきなんですけど(突然)

彼は、本当にまわりのために生きているようなひとで、そんな彼が今シーズン自分のために滑ると言ってくれて、歓喜に打ち震えたのがつい最近のことなのだけど、それと同じだなって、思った。

やいたいようにやって、それを見守ることが出来る。それだけでいい。それが一番、幸せな形だ。

だから、これからの活動は、本当に四人のためだけに考えて、一番いい方法を決めてほしい。やってもいいし、やらなくてもいい、とは言いたくないけど、それが四人の想いなら、それはそれで受け止める。

そう、ちゃんと思えるようになった。

 

ああ、この日聴いたサンタクロースは、とてもよかったなあ!

ライブ全部、エルレからのプレゼントだったけど、この曲は特にそういう風に聴こえた。

今日は、今日でお別れだけれど。

こんなに素晴らしい瞬間は、もう二度と無いのかもしれないって、心のどこかで感じてしまう私に、これからも続く日々も、そう悪いものではないはずだし、きっと最高は更新されるのだと、言ってくれてるみたいに感じた。

 

だからこれからも、ELLEGARDENの居ない世界を生きる。

仮面ライダーの撮影に遭遇した話

☆だいぶ前に平ジェネファイナルのエグゼイドパートの撮影に遭遇した時に書いていてアップするのを忘れていた備忘録です。

 

 

エグゼイドの撮影に遭遇した。

職場の目の前の広場で、一日がかりの撮影だった。

 

そういうラッキーな出来事はネットで目にしたことがあるけれど、

まさか自分にそれが起こるとは思っていなかったので、

本当にびっくりして、今もまだちょっと信じられない。

一生分の運を使い切った気分。

 

せっかくなので覚えてることを書いておく。

まだたぶん、情報が出ていない分の撮影なので、今は公開できないけど、

今日のうちに書いておかないと忘れちゃう!

 

朝いつも通り仕事場に向かうと

なにやら人だかりが。

コスプレ集団かと思って通り過ぎようとすると

なんと本物のえむとポッピーがにこやかに談笑している!

二人とも衣装を着ていて、ポッピーは黒いパーカーを羽織ってる。

まじか、まじもんのエグゼイドの撮影か。

よく見ると、だんくろと神もいるし、

いっしょに喋ってるのはゴーストの人だ……(ゴーストは未視聴)

あと誰だかわからない金髪のひととアフロのひとがいる。

特典用の映像にするのか、

みんなが喋ってるところをカメラさんがぐるぐる回って撮影してる。

 

ああ、えむの笑顔は役柄まんまだあ。

もっと小さいイメージだったけど、普通に大きいし、足長い。

たぶんくろとがでかすぎる。

くろとはあんなに狂った役なのにふつうにしてるとはちゃめちゃにイケメン。

もてそう。

 

とりあえず始業5分前だったので、班長に電話して、迷わず1時間休をもらう。

こんな機会のがしてなるものか……

 

遠巻きに観察してると、いろんなひとがいる。

メイクさんは山ほど道具の入ったバッグを提げ、

てうろうろしながらメイクをなおしてる。

アクション監督みたいなおじさんたちが、脇で演技指導をしてる。

演技指導されてるのは、ゲンムのスーアクさんだ!

足だけゲンムで、あの不気味な動きの練習してる。

中身もイケメンだ……

カメラは大きいのもあれば、片手で持てそうな小さいやつもあって

離れたところにパラソルを立てて、そこで映像チェックできるようになってる。

周りにアシスタントみたいな人がいっぱいいて

道具を運んだり、カメラが走るための滑車を組み立てたり

スーアクさんのスーツ着せたりぬがしたり忙しそう。

 

くろとの撮影開始。

本番いこう、ってマイクで声かけてる人が監督さんかな。

くろとについて演技指導してる人はなんという役職だろう。

くろとの動きは奇怪なので、指導してる人の動きも奇怪だ。

 

くろとが「バグスターども」と声をかけると振り向くバグスターたち

「この私が」とエビ反り

「相手だ!!!」と反動で戻ったところをアップで撮影。

という短いシーンを、4回くらい撮ってた。

撮影って大変なのね。

3回目でエビ反りから戻るところで、腰が痛かったのか、

くろとが「あっ……」て声出してセリフ言えなくて、

「大丈夫か!?」「腰やったか!?」って周りが騒然としたの笑った。

 

そのあともくろとの撮影は続いて、

背中向けて立ってるだけのシーン何回も撮ったり

ガシャットを指すだけのシーンを何回も撮ったり……

その周りでバグスターの雑魚さんたちが練習してるのとか

ゲンムのスーアクさんが練習してるのとか

えむとポッピーが並んでにこにこ撮影を見てるのとか

見どころありすぎてきょろきょろしてた。

 

1時間はあっという間にすぎ

あきらめて出勤。

 

お昼休みにダッシュで降りると、お昼休み前最後のシーン。

くろとがげはげは高笑いした後に、

アフロのひとと向かいあってお辞儀。

なんのシーン……?

 

お昼休み終わりにまたダッシュで降りると

ゲンムのガワ撮影!!!きたー!!!

最初はメットつけずにカメラテスト。

雑魚さんたちは自分でメットかぶれるけど、

ゲンムは着脱一人ではできないみたいで、二人がかり。

やっぱデンジャラスゾンビかっけえなああああ

そしてでかい。怖い。

ジャンプして切りつけるシーン、トランポリンで撮影。

空中での動きがすごい。なんの効果もなくてもかっこいい。

偶然居合わせた別の課のひとに

かっこいいですね!!すごいですね!!

って言いすぎて、仮面ライダー好きだってばれた。

 

お昼休みが終わってしまったので

別に今日行かなくてもいいおつかいをでっち上げ。

行く前と帰ってきたときにがん見。

 

結構シビアにカットが入るので、こっちがひやひや。

ワンシーン終わるごとに、メットを外して仰いだり、

パラソルで日陰つくったり。

スーツアクターさんは、大変だね……今日暑かったから。

 

ゲンムの変身が解けるシーンの撮影は、

スーアクさんがガクッと膝をつくシーンを撮った後

同じ体制からくろとに代わって撮影。

なぜかくろとのまま、敵を攻撃するシーンがあった。

なんのシーンなのかまったくわからんな。

 

そろそろタイムリミットだわ……と

なるべく近くをとおって帰ろうとすると、

ひ、ひいろさんときりやがいる!!!!

ひいろさんかわい~!少年みたいな顔してる。

きりやさんは……黒い笑

 

ずっと眺めていたかったけど、泣く泣く撤退。

そのあとはトイレに行くふりして、ダッシュで下まで。

 

近くにある橋のほうまで移動して

ひいろ、たいが、きりやの変身シーン。

三人がゆっくり前に歩いていって、「変身」っていうだけなんだけど

微妙なタイミングでカットが入る。

もう一回!ってなるんだけど、通行人を止めてるから、

次がラストだよ!!って檄が飛ぶ。

役に入ったきりやさんの雰囲気は、ほんとにかっこいい。

 

仕事が終わって職場飛び出したけど、もう撮影は終わってた。

でもひいろ、たいが、きりやが子供に囲まれて交流してる。

これは、これはチャンスなのでは!?

誰も大人はいなかったから、死ぬほど恥ずかしかったけど、

大人だけど握手してもらっていいですか……って言って、握手してもらった。

 

たいがはあ、もちろんですって目をまん丸くして

ちょっとびっくりした感じで、めっちゃかわいかった。

闇医者要素ゼロだよ!!!

ひいろは幼い顔立ちで、演技入ってるともっと年上に見えたから

びっくりした。お肌つやつや。

血のりメイクがはえてたよ!

きりやは一番軽い感じで、あっすっていう雰囲気。

もとからそうなのか、きりやの調子に合わせてるのか笑

 

近くににこちゃんもいたんだけど、話しかけるタイミングをのがしてしまった。

でも、ちびっこを押しのけてはいけない。

それくらいの節度はある。

それでも、ちびっこの後ろからずんずんくるアラサ―は

気持ち悪かっただろうなww

でも、たぶん握手しなかったら、帰ってきてから死ぬほど後悔したと思うから

これでよかったんだと思う。

 

良い思いでになった。

永遠に生きられるだろうか 永遠に君のために

最近はすっかりツイッターの住人と化してしまって、長い文章を書くこともなくなってしまったのだけど、たまーにやっぱり長い文章を書きたくなる時もあるので、ブログを作ってみました。

(以前のブログも放置してあるけど、スマホから編集しづらくていやになってしまった……)

 

前のブログ

 

長い文章を書きたくなるのは大体いいライブに行った後だったりするんだけど、先日のSLS二日目も、サニーデイサービスの日比谷野音公演も、それはそれは素晴らしくて、言いたいことが溢れて、結局ツイッターにはうまく書けなくて。

連投、気が引けますからね。気にせず連投するときもありますけど。

あと、良いライブの感想って、なんかポエムになってしまうんですよね。

特に銀杏BOYZ見た後だったから。やばかった。ポエムの気配しかなかった。

 

だってあんまりにも素晴らしくてぐっと来てしまったから。

銀杏は私にとって青春の思い出で、でももう思い出だと思っていたのに、今でもこんなに心が揺さぶられてしまうんだなあとびっくりしてたくさん泣いてしまいました。

悔しくて、うれしかった。

ものすごい人数のお客さんがBABY BABYを大合唱してたんだけど、時々画面にうつるひとうつるひと、みんなぐっちゃぐちゃの良い笑顔で、私も笑ってしまった。

なんだよ~!みんな銀杏だいすきかよ~!私もだよ~!

 

銀杏の前がポルノグラフティで、全然別の意味で感動していたので、こんな盛り上がった後で何が来てもそうそうびっくりしないぞと思っていたんですけどね。

しかしポルノは噂に違わぬ唄うまお兄さんで、本物だ!と興奮してしまった。二人とも、よく見るバンドマンとは違う、きらきらカリスマ感が出てて、すごかったな。ああいうものは、どこで手に入れてくるんだろう。テレビかな。

スペシャ的には一番カメラ映えする映像が撮れたのではないですかね?

 

でも、最後のサカナクションもすっっっっごいよかったです。

サカナのフェスのセトリは若干マンネリ感を感じていたのですが、今年はちょっといつもと違う感じがしました。定番曲は入ってたんですけど、なんですかね。不思議ですね。

アンコールの目が明く藍色の前奏でうっはあ~ていう変な声が。好きだなあこの曲……

ゆらゆらと、でっかいステージに向かってみんなが自由に踊ってるのが気持ち悪くて最高でした。

 

あとNICOがばりばりよかったですね。

リハで大好きなエイキューライセンスやってくれて、今日ものっけからめちゃめちゃ声出てんな、って感じだったんですけど、そこからのアコースティックアレンジのブロークンユースがかっこよすぎて、終わったとき周りがざわざわっとしてたのが最高にしびれました。

かっこよかろう、かっこよかろうNICOは!!

と、ついつい古参面というか、保護者面してしまうのが本当に自分でもうざいと思うんですけど、SLS初めて出たときはがらがらで直前でも最前まで行けたこととか、ロッキンで変なアレンジとかやったり乗りづらい曲ばっかりでなんだか心配になってしまったこととか、どうしても思い出してしまって。

でも今のNICOなら何やってもかっこいいっていう安心感があるし、実際にこうやってフェスでかっこいいって思ってもらえてるんだなって実感するとほんとにうれしくて、感慨深くなってしまうんですよね。

なんてうざいファンアピールしながら、実は新曲はあんまり好きではないと思っていたんですけど、その日のアレンジがあんまりにも素晴らしくてかっこいいかも……と思ってしまいました。

アレンジ大魔王め!!!最高!!!もっとやれ!!!

でも一番よかったのは夏の大三角形かな。

夕暮れの、きらきらした一瞬の甘い空気によくあっていて、ひゅーんと夏空に飛んでいくみっちゃんの声が気持ち良すぎて、途方もなくロマンチックな気持ちでした。

 

今年はお友達と行くことができたので、より楽しかった。

フェスにひとりでは行きたくないけど、誰かにあわせて行動するような面倒くさいのもごめんだという超わがまま野郎なので、いっしょにフェスに行きたいと思えるような友達は、ほんとに貴重だと思います。

歳をとると、ライブ自体、行かない人も増えていくしね。

近年、今年は行かなくてもいいかなあなんて思いながら、やっぱり行くと楽しくて、来年が待ち遠しくなってしまう。

来年の夏まで長いなあ。

 

長くなったし、サニーデイのライブの話はまた今度。

(人生で10本の指に入るくらい最高のライブでした)